葉酸サプリ おすすめ

ベジママを妊娠中に飲むとどうなるのか|注意点はあるのか

葉子

葉子
妊活サプリメントの中でも、とても妊活に向いているという噂のベジママですが、妊娠中に飲んでも大丈夫なのでしょうか?

調べていきたいと思います。

妊娠中にベジママを飲んで大丈夫?

ベジママを妊娠中に飲むことはもちろん大丈夫です。

1日に必要な量の葉酸やルイボス、ビタミンがきちんと配合されています。
ベジママ特有の成分であるピニトールはマメ科のアイスプラントという植物由来の成分ですが、ベジママの会社はこのアイスプラントを自社工場で栽培しています。
この工場は閉鎖型であるため、お天気に左右されず空気の汚染や黄砂などの影響を受けません。
ですからとても安全なのです。
その上、放射能なども厳しく検査していますので妊娠中でも安心して飲むことができます。


ピニトールは、近年生活習慣病の改善に効くことが期待される野菜として注目されてきています。
不妊症や糖尿病の予防や改善、多嚢胞性卵巣症候群の改善などに効果が期待されています。
多嚢胞性卵巣症候群は排卵障害の一つですが、ピニトールが体内に摂りこまれるとカイロイノシトールをサポートし、これがインスリンの感受性を高め、ホルモンを整えることになります。
そして排卵が正常になるといわれているのです。


でもピニトールはこのことだけでなく、血糖値を下げることや自律神経を整えること、冷え性の改善などにも作用するので、妊娠してからも飲んでも大丈夫ですね。

ベジママの服用で気をつけたい妊娠中の注意点

ベジママはどちらかというと妊活中に向いているサプリメントです。
葉酸、ピニトール、ルイボス、ビタミンC、E、Bなどが十分に入っています。
どんなサプリメントや薬でも1日に摂取する量が決まっています。
過剰摂取はよくありません。


妊娠中であるなしに関わらず、量を守るということは大切ですね。
ただ、ベジマには、妊娠中に大漁に必要となってくる鉄分やカルシウムが入っていません。
産婦人科で貧血気味であると鉄分などが処方されますね。

カルシウムや鉄分を補給しながら良い体調を維持していくことが大事ですね。

↓ベジママの公式サイトはこちら↓

関連記事

妊活サプリ・ベジママが男性にも飲んでもらいたい理由とは

ベジママは妊活に適している?海外では昔から食されていた成分とは

ベジママは授乳中に飲んでも良いのか|栄養バランスは補えるのか

NO IMAGE

妊娠と赤ちゃんの健康をサポートする葉酸サプリ・ベジママの効果

ベジママが効果なしと言われている本当の理由|期間との関係性

薬局

妊活サプリのベジママは薬局でも購入できる?