葉酸サプリ おすすめ

ベジママ,妊娠初期

ベジママは、葉酸やルイボス、豊富なビタミンに加え、海外で注目されているピニトールが配合されている妊活サプリです。ピニトールはホルモンバランスを整え、体温と高める効果があると言われています。つまり、女性の妊娠をしっかりサポートする働きを持っています。ベジママは妊活に有効なサプリメントとして知られています。
しかし、妊娠後はベジママは控えるべきという声がインターネット上にはたくさん見られます。その原因の1つに、ピニトールが持つ、血糖値を下げる働きがあります。血糖値が下がることは、肥満の方にとっては理想的なものです。しかし、胎児を抱える妊婦にとっては必ずしも良い作用ではありません。胎児に十分な栄養が行き届かないのではないかと不安を抱えるママもいらっしゃることでしょう。しかしながら、この点についてはそれほど心配する必要はありません。通常、妊婦の女性は食欲が旺盛になるのが一般的だからです。特に、妊娠初期の段階は、赤ちゃんの発育は限定的なものです。つわりなどの影響で食欲があまり出ないという方でも、ベジママを飲み続けて問題はありません。
インターネット上で、ベジママが妊娠後にふさわしくないとされるもう1つの理由として、鉄分やカルシウムが入っていないことが挙げられています。妊婦は胎児に栄養を送り続けなければなりませんから、鉄分やカルシウムが不足しがちです。しかしながら、前述のとおり、妊娠初期の段階では母体が胎児に送る栄養はごくわずかです。それに加え、鉄分やカルシウムは通常の食事からでも十分に摂取できる栄養素ですから、ベジママと通常の食事で十分にカバーすることが可能です。もし、胎児の栄養状態が気になるようであれば、妊娠中期から後期にかけて、鉄分やカルシウムを積極的に摂取するように心がければ問題ありません。場合によっては、これらの成分が豊富なサプリに切り替えても良いと言えます。
以上のように、ベジママは妊活中だけでなく、妊娠後にも飲み続けて問題のないサプリです。特に、妊娠初期の段階では胎児の正常な成長をサポートする葉酸などが豊富なベジママは飲み続けた方が効果的です。

関連記事

NO IMAGE

ベジママ,生理不順

ベジママの定期解約は縛りがあるのか|他の葉酸サプリとの違い

NO IMAGE

ベジママ,ピニトール

ベジママは妊活に適している?海外では昔から食されていた成分とは

ベジママの最安値販売店はどこなのか|大手通販サイトを調べてみた

NO IMAGE

ベジママ,ブログ